自作・DIY総合研究所トップへ戻ります
根太床のリフォーム
自作・DIY総合研究所ホーム日曜大工DIY>根太床のリフォーム
ここでは根太床のフローリングリフォームを行っていきます。根太床とは大引き・根太・床板からなる通常の床組みの事です。根太床で注意してもらいたい点は水平は勿論の事、根太の一本一本の高さの凹凸を見ると言う事です。フロアーを根太に直貼りする時は特に注意が必要です。凹凸があるとフロアーが根太から浮いてしまう所ができ、床がブカブカしたり床鳴りの原因になってしまいます。そのまま現在のフローリングの上から貼るならあまり関係ないですから気にしなくても大丈夫です。
洋間のフローリング床のリフォームを行っていきます。
床がブカブカして床鳴りがひどいという事で調査&工事を行う事になりました。万年じゅうたんを引きっぱなしで状況がよく解らないとの事でしたので絨毯をめくってみました。
すると、所々に床板がヤレているところが・・・一度フローリングを剥がして悪い下地を組みなおす事から始めます。
ちなみに築40年位だそうです。
床をめくってみると、根太掛けの所の材が釘打ち部分から割れて根太が浮いているところがありました。材料も杉(比較的柔らかい材料です)で床鳴りする部分がかなりヘタっている状態でした。ですので根太を米松で組みなおします。根太は米松を使用する場合が多いです。材料を選ぶときは大きな節の無い目の細かいものを選んだほうが良いですね。寸法は45×45です。長さは10尺(約3メートル)〜12尺(約4メートル)を使用します。私は12尺を使います。長いほうが色々都合が良いです。
大引を支える束が遊んでいます。横からげんのうで叩いてやるとスコっと抜けてしまいました。木の痩せ、束を支える束石の沈みこみが原因です。築40年ともなると色々補修が必要なところが出てきますので一度業者にチェックしてもらうといいでしょう。
束石はブロックからサイコロ型の束石に、ヒノキの束もプラ束に交換しようと思います。
サイコロは1個500円前後、プラ束は大きさによりますが700円前後です。これらはホームセンターでも売っています。
痛んでいた根太の交換・地盤を突き固め、束石・束を交換したところです。交換した根太は防蟻処理をします。
ちなみに大引きは910間隔で部屋の長手方向に、根太は300間隔に部屋の短手方向へ入れます。
ご自分で行う場合、リフォームの場合ならば元々組んである下地を参考にすれば難しいことはありません。ただ、高さをきちんと合わせるために両端から糸を張って高さを見て水平に仕上げてください。おそらくバラしてみると解ると思いますが根太の木口の所々に薄い木の破片を下にかませてある時があります。それは高さを合わせる為に行っているものです。
根太の上へ直接カラーフロアを貼っていっても勿論良いのですが、現存敷居等の納まりや床の頑丈さを考えて
ラワン合板(F☆☆☆☆を使用)を捨て貼りで貼っていきました。
頑丈になり、床鳴りの原因を抑えることもできます。
しまったぁぁぁぁ!!!完成写真を撮り忘れました。夢中になるとすぐ忘れてしまいます(*_ _)人ゴメンナサイ
もう家具やら新しい絨毯やらを敷いてしまったのでわかり難いですが完成した床仕上げはこんな感じです。
建材はノダ クラレスを使用しました。カラーフロアの中では安く、坪5500円といったところです。大建ミラージFシリーズもかなりリーズナブルです。
廊下のリフォームもしました。上がり框から床までをリフォーム。
写真上にポインターを置いてください。施工前と施工後で比べる事ができます。
建材はダイケンのWPCフロアー&框。
キズがつきにくく、また、ワックスがけも不要で質感も良いです。
値段は坪3000ほど多少高くなります。
関連 メニュー
ネットで買える建築資材・建材専門店街
  大工道具と電動工具を探してみる
構造用合板を用いたフローリングのリフォームへ
日曜大工DIYカテゴリトップへ戻る