自作・DIY総合研究所トップへ戻ります
DIYクローゼット扉で収納家具作り
自作・DIY総合研究所ホーム日曜大工DIY>収納家具作り組立て完成
材料のカットを終えたらまずは材料を配ってみます。
ココでキズの有無や材料の使う方向、位置などを最終確認します。

今回は収納家具の大きさがかなり大きいので現地組み立ての方法をとることにしました。

ここでは下穴を空けたりして仮組みをしていきます。

材料にキズが付かないように床に養生をしましょう。
こういった角を正確に取り付けるには作業床が平らであることが非常に大事です。コンパネを床に敷いています。

この床に材料を押し付けるようにしながら(コンパネ作業床を定規にする)下穴空け&ネジ止めをしていきます。こうする事によって角のズレを抑えることができます。

ネジ穴が一度ずれてしまうと修正がききにくい・修正が出来たとしてもネジ穴が大きくなってしまい十分な接合強度を持たせられなくなってしまいますので、慎重に時間をかけて作業を行います。
収納家具全体の枠が組みあがりました。このあと中の間仕切り棚の下地を取り付けていきます。
中の間仕切りを組んでいきます。
棚は簡単に移動できるように桟付のものにしました。
この桟はDIYショップに売っている自作ラックに使う柱を利用しました。
この他、家具本体に切れ込みを直接入れてそこに棚板が付くようにする方法やダボ穴を複数個空け、ダボを打ち込んでその上に棚板を載せる方法もありますが、この方法が一番楽でしょう。

棚板はご自分であとから簡単に増やせるようにDIYショップで売っているラジアータパインの既製の大きさを測ってきてその寸法を元に桟の幅・間仕切りの位置を決めました。
収納家具本体の角はカンナやヤスリなどで
”面取り”をしておきます。
角がたっているとササクレがおきたり、ぶつけたりと危険ですので見える部分など必ず面取りはしておきます。
この作業は組みあげる前に全て行ってしまいます。
さて、現場に行って本組みをしてしまって完成です。背板はシナベニヤ板を使いました。シナベニヤは見た目にキレイなので結構使えます。

棚板は木口が見えないように木口テープを貼って仕上げます。


クローゼットの扉は写真のように両側に折りたたんで開く事も出来ますし、扉を片方側に寄せて開けることも出来るので大変使い勝手がいい扉です。また、折れ戸なので扉を開けた際に扉が手前に飛び出る”引き代”は最小限で済みますし、収納家具がどれだけ幅広になっても飛び出る量はクローゼット扉一枚分(約300o)ほどなので、収納家具手前に物を置いてもそれほど邪魔にならないです。部屋のスペースを有効に使えます。
全体です。

収納家具というよりも「移動式クローゼット」
といったところでしょうか。

”クローゼット(物入れ)を作る”という話もありましたが、クローゼットを部屋に作ると移動できませんよね?

これなら移動できますし、バラして寸法を変えたり、扉を利用して他の部屋にクローゼットを作るなど、限りある材料を有効に使え、リサイクルにも適した製品と言えるでしょう。
あとがき:
クローゼットを造るか、それとも家具を造ってしまうか打ち合わせをして結果、この収納家具を造る事になりました。
”クローゼット”と”移動できる家具”の間をとった感じと言えるでしょう。
この収納家具は見た目はいたって普通でシンプルですが、
扉の使い勝手が非常に良いそうで高評価でした。
「クローゼット用扉を使って収納家具を造る」は結構使えそうです。
今度はデザインにも凝ってみたいですね(・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。) ウンウン
関連 メニュー
ネットで買える建築資材・建材専門店街
  大工道具と電動工具を探してみる
材料準備と組立て準備へ戻る
日曜大工DIYカテゴリトップへ戻る