自作・DIY総合研究所トップへ戻ります
Bさしがねで勾配をとる
自作・DIY総合研究所ホーム大工道具の使い方>さしがねで勾配をとる

ここではさしがねの簡単な使い方(DIY・日曜大工で必要なもの)についてご説明いたします。
今回は分かりやすいようにcm説明していきます。 

ここではBさしがねでの勾配のとり方をご説明。


このように勾配をとるのにも使えます。

これは4寸(4cm)勾配と呼ばれるものです。
底辺が10cmの時、高さが4センチという割合で上る勾配だと言う事です。
屋根の勾配で3寸勾配や4寸5分勾配などと耳にしたことがある方がいらっしゃると思いますが、これが建築での勾配の表し方です。さしがねでこの勾配をとる時は・・・

写真の様に1尺(10cm)と、4寸(4cm)を当てればこの勾配が書けます。cmですと10cmと4cmを当てて使うと使い難いのでもう少し大きい数字・・・例えば30cmと12cm(それぞれを3倍した数値です)といったように工夫して使います。
また、『留め』と呼ばれる45°で材料をカットする(建築ではよく使われるものです)線を引くには

このように左側と右側の数字(ここでは5です)が一緒になるようにすれば45°の線が引けます。

関連 さしがねメニュー
大工さんが使う電動工具を探す

のみや鉋などの大工手道具を探す
さしがねの種類へ
@さしがねの持ち方

A基本の使い方
Cさしがねの幅を使う
D材料を○等分する方法
 Eホゾ穴測定用目盛りで深さを測る
F規矩術と本職さしがね術(参考書籍あり
大工道具の使い方カテゴリトップメニューへ