自作・DIY総合研究所トップへ戻ります

電動丸のこの使い方と定規

自作・DIY総合研究所ホーム大工道具の使い方>丸のこの使い方
この項では電動丸のこ(丸ノコ)の使い方と便利な道具を紹介していきます。まずは簡単ですが丸ノコの使い道をご説明します。
丸のこはその名の通り、のこぎりの電動バージョンで、丸い刃が回転することにより材料を高速で切断できるものです。
また、刃が高速で回転するというその電動工具の性質から危険が大きい工具とも言え、大工さんでも大怪我をする率が高く、太ももを切ったり、指を切断したりということがあるので細心の注意を払って使用したいものです。
危険が伴う電動工具なので丸のこの刃の回転、どういった動きをするのか、まずは動画で見てもらいたいと思います。

電動丸のこの実働例
まずは最初に切断を行う時は電動丸のこの刃のオフセットをしっかりやっておきます。必要以上に刃を出す必要はありません。
写真のように材料の側面に刃を当ててみて材料の厚さよりもほんのわずか刃が出るくらいにセットします。
刃の出は1〜3ミリほどでよいです。出しすぎはケガのもとになります。
切断位置はしっかり墨(線を書く)をしておきましょう。
この墨は長めにひいておくことが吉です。
丸のこには写真のようなガイドが(オレンジ色のところ)ついています。
これはネジで微調整できるのですが、これは買った当時にきちんと合わせておきましょう。あわせ方は説明書に記載されています。
買った当時に大体合わせてあるのでそんなに調整の必要は無いかも。

写真のガイド左ツラと切る墨を合わせます。すると墨の右側にのこ目が入ります。(つまり墨から右側が切れるということです)
このガイドに墨を合わせて切断したときに、墨の上を切るようでは調整としてはよろしくありません。。。
常に墨より右側が切れるようにセットしましょう。
なぜか??
丸のこなどの切断機は刃の厚さがあります。つまり、線の真上で切ってしまうとのこぎりの刃の厚さ分、寸法が違ってしまうのです。その寸法幅は1.5ミリ〜3ミリほどです。正確な切断は常に書いた線を残して切る事が必要なわけです。
ガイドをあてにせずに丸のこの刃を直接覗き込んで切る方法もあります。
この切り方のほうが正確に切断できますが、切断した木材の粉塵が目に入るといった欠点もあります。
写真上のように丸のこ右側から覗きこむときは線の左側を切る時、
逆に写真下のように左側を覗きこむときは線の右側を切る時です。
あとは丸のこのスイッチを入れて”ビ〜ン”と切っていきます。
切るコツとしては丸ノコを下に押し付けながら丸ノコを握っている手のひらで機械を押し出すような感覚で切ると上手に切れると思います。

切る時の注意点は、丸のこの後ろ(進行方向に対しての後ろ)側に手を置かない事です。たまに丸のこの刃が材料にはじかれて丸のこが後ろに飛んでくる(弾かれる)ことがあります。この時に手を切ってしまうというケガが一番多いのです。
さて、次はこういった長さのある材料を切る時の方法です。
これを手のこで切るには相当大変ですよね。これを電動丸のこで切ってしまえばほんの数十秒で切断する事ができます。
つまり電動丸のこを使用する際に最も活躍する切断といえるでしょう。

このような材料を正確に真っ直ぐ切る事は結構難しいです。
しかし!こんな場合でも正確に真っ直ぐ、そして手早く切る方法があります。
それはこのような”丸のこ定規”を作ってしまうことです。
これは一般的にあまり知られてはいないと思うのですが、大工さんは皆この定規を手作りで作り、持っています。これは丸のこを使うにあたって必需品のアイテムです。

関連 メニュー
ネットで買える建築資材・建材専門店街

  大工道具と電動工具を探してみる
丸のこ定規の作り方へ進む
大工道具の使い方カテゴリトップメニューへ