自作・DIY総合研究所トップへ戻ります
壁・ラミ天井仕上げ

内装工事の壁と天井仕上げ

自作・DIY総合研究所ホーム日曜大工DIY>小屋の内装工事・壁と天井仕上げ
前回の続きで壁を貼り進めていきます。
額縁(サッシの木枠部分)廻りは空いてしまう、また、加工が大変等ありますのでこれはある程度経験が必要かもしれません。

コツとしては手間はかかるかもしれませんが、きっちり寸法を出す事です。よくある話なのですが、スケール(コンベックス)の先端が曲がっていて、寸法出しが正確ではなく、そのために寸法が足りず(大きすぎて)失敗する事があります。
測る前に測定器具の確認しておきましょう。
壁仕上げ材がだいたい貼れてきました。木の優しさがかなり感じられる部屋になってきました。これで部屋らしくなってきました。

入口部分は入ってすぐ見えるところなので丁寧な施工をしていきます。

壁が貼れたら巾木を取り付けていきます。
最後に天井を貼っていきます。ラミ天は廻し縁を付け、そこに打ち下ろす方法で貼っていくため先に廻し縁を取り付けます。
廻し縁に厚さの余裕があれば壁を貼る前に先に廻し縁を着けておけばもっとキレイに納まります。(壁板に継ぎ目がありますので)
ただ、壁を貼るのに手間がかかりますが・・・
ラミ天は手垢や手油が着くと何年かしてからその部分がだんだん浮かび上がってきます。
ですからラミ天を貼る時は手袋をつけて作業を行います。
天井を貼っていく際、断熱材を入れ忘れないようにしましょう。なるべく隙間が無いように敷き詰めます。下地の関係でどうしても空いてしまう場合は断熱材をカッターで切ってその部分を逃げるようにします。
天井を貼っていく際、
電気の線を出すことを忘れずに行います。

あ!と思ったときには遅い場合もあるので・・・

これで天井は完成です。
最後に電気屋さんに来てもらい、器具の取り付け、
コンセントの取り付けをしてもらいます。


この部屋は現在は主に勉強の為に使用するので事務所等に使われる蛍光灯を使ってあります。

後々、居室にして囲炉裏を設置したいな〜という事だったので、その時は天井を抜いてしまい屋根勾配なりに天井を貼って梁から吊るしたいなぁと考えています。

これで全ての作業は終了です。
関連 メニュー
ネットで買える建築資材・建材専門店街

  大工道具と電動工具を探してみる
フローリング貼り・壁へ戻る

完成へ進む
日曜大工DIYカテゴリトップへ戻る