自作・DIY総合研究所トップへ戻ります
ページタイトルを入れる

パイプ換気扇本体の取り付け

自作・DIY総合研究所ホーム日曜大工DIY>換気扇の取り付けと完成
いよいよ換気扇の取り付けです。今回使用する換気扇は壁にビス止め方式の物です。実はこのパイプ換気扇というシロモノ、最近の住宅ではよく見かけるものなのですが、24時間換気の強制排気の為に使われるタイプの換気扇なんですね!モーター回ってんの?ってくらい静かな物です。今回はホームセンターで買ってみましたが、5300円ほどでした。換気量は52m3/hだったかな??ちょっと頼りなさげですが、点けっぱなしにするつもりなので換気量は多いがちと音がするボックス型の換気扇はやめました。取り付け&加工作業が面倒だし・・・電気代もかかりそうだし・・・
ボックス型のほうが物自体は安いですが、結局ガラリや加工材料を含めると高くつくと思います。
外からガラリを取り付けたところです。見え難いかもわかりませんが、ガラリ周りに変成シリコンを打ちます。
シリコン(コーキング)について
シリコンは”変成シリコン”と書いてあるものを使用します。この
”変成シリコン”というのは普通のシリコンよりも雨風・劣化に対して強い物です。外回りの防水はコレを使うようにします。値段は1本800〜1000円位かな?ちょっと普通のシリコンに比べ高いですが、防水対策には欠かせないものです。小さい事のように感じますがこういったところをケチると後々痛い目をみます。漏水はこういったところから必ず起こります。取り付けはガラリ部分にフックが付いていてパイプに差すだけで取り付けれるようになっています。どうやって取り付けてシリコンを打ったか?普通にはしごでやりました。かなり危険ですのであまりお勧めはできませんが・・・下で父にはしごを倒れないように持ってもらいました。。。
内側から見たところです。はっきり言って”へぼい”です。もっと立派なカバーが付いているタイプもありますが、とことんケチった結果がコレです。まぁ、自分の部屋だからヨシ!としましょう。
あとがき・・・
本来ならば排気口設置に伴って吸気口の設置(これは自然吸気でいいので換気扇の必要はありません)をします。今回は吸気の設置はまだしてありません。

この換気扇を付けての感想ですが、まず第一に感じたのはとても静か!
でも薄々感じていましたが、やはり排気量(吸い込み量)が少ないです。意味無いじゃん!と思ってちょっとがっかりしましたが・・・そんな事はありません!!ヤツはヤツなりにちゃんとその効果を発揮しています。まず、家族からの苦情が無くなった!∬´ー`∬ウフ♪苦情が無いという事は部屋からもれる煙、ニオイが無くなった証拠でしょう。また、ニオイが部屋から消えるのが早くなったし、エアコンにタバコのにおいが付きにくくなったと思われます。今回換気扇を設置した位置はデスクの近く(私がいつもタバコを吸う所)なので、煙、ニオイの排気効率がよい為と言うのもあるでしょう。これで雨の日でも窓を開けずに吸う必要が無くなったし、もしタバコを吸わなくなってもいつでもクリーンな空気が部屋を巡回してくれるでしょう!!
ヒッソリとですが、確実に役割を果たしてくれるニクイやつです。
関連 メニュー
ネットで買える建築資材・建材専門店街

  大工道具と電動工具を探してみる
換気扇穴あけ・取り付けへ戻る
日曜大工DIYカテゴリトップへ戻る