自作・DIY総合研究所トップへ戻ります
自作・DIY総合研究所ホーム住宅新築(LOHAS1220)

高品質ながらローコストを実現


ココロとカラダとお財布に優しい家造りLOHAS1220
『家は高いモノ』だと思い込んでいませんか? 無垢材を使ったローコスト住宅

"LOHAS1220"

LOHAS1220の家とは?

余分な経費を削減し、ローコストを実現
@人件費の削減
A材木問屋や製材所に直接の大量買い付けによってコストダウンを実現
B親子三代にわたる信頼関係による建材メーカーさんの建材等の低価格仕入れ
によって高品質ながら低価格を実現しています。

全体でかかる工事価格(目安)
建物本体1281万円(税込)+諸経費168万円(税込)+屋外上下水道引込み工事
=約1,500万円(外溝工事は別途です)

土台・柱には桧を使用
最近では集成材の柱を使用する事が一般的となっていますが、LOHAS1220では家の主要構造となる土台・柱は桧を使用しています。
集成材は複数の木の断片を接着剤を使用し貼り付け、一本の柱を構成しています。また、ホワイトウッドを主として作られている為、耐朽性、耐蟻性に非常に劣ります。これに対し、桧材は耐久性は”大”、耐蟻性では”極大”に位置づけられています。永く家を持たせるためには”良い材料”を適材適所に使うことが必要とされます。

ベタ基礎(フラットベットタイプ型基礎)
LOHAS1220では基礎にフラットベットタイプ型のベタ基礎を採用しています。一般的に言われている布基礎と組み合わせた”ベタ基礎”とは違い、立ち上がりが一切ない構造ですので耐震性に優れています。


詳しくは住たくeco工房
LOHAS1220の家作りへ


各種お問い合わせ
お問い合わせは
自作・DIY総合研究所(正規代理店)
又は
住たくeco工房(LOHAS1220本社)