自作・DIY総合研究所トップへ戻ります

キャビネットの組み上げと完成

自作・DIY総合研究所ホーム日曜大工DIY>キャビネットの組み上げと完成

オリジナルキャビネットの完成

全ての材料の加工を終えたらキャビネットを組み上げてみます。正確な寸法で材料が加工できていれば柱をどの位置にたてても(入れ替えても)必ず組みあがるはずですから柱の立てる位置を変えるなどして確認しておきます。この際同時に不具合なども確かめて修正できるところは修正しておきます。(あまりにもひどい場合は修正しないほうが良かったりもしますので…)

下段柱を立てる

まずは一段目の棚板に下段柱を写真のように立てます。柱の欠きが内側になるように取り付けます。

中段を載せる

2段目の棚を柱に乗せます。3段目が必要でない場合などは、この2段目を組んだ状態でも使用できるのが便利です。その場合、この段階で柱に丸棒を刺します。

上段柱と3段目を組む

3段目の棚板と上柱を組みます。

上と下を組む

上記で組んだ棚を2段目の棚板の上に置き、上下の柱をつなぐ丸棒を柱に突っ込んで完成です。

キャビネット完成 ついでにパーツクリーナーなどを置けるオプションも作ってみました。2段目、3段目のどの位置にもひっかけることができます。市販の工具置きのキャビネットはこのパーツクリーナーなどの缶置きがなく、棚に置いたとしても安定感が悪く倒れたりしますよね。これなら収納も、使用するときも便利です♪
下柱補強

柱を抜き差ししていたらほぞ穴がゆるくなってしまいました…多少ゆるめになるよう加工したのが仇となったか…
キャビネットを持ち上げたときに1段目が抜け落ちてしまったので下段柱に補助土台を入れました。これは左と右の柱が張るようにパツパツに加工してあります。

組みあげ前

収納するとこんな感じです。コンパクトでしょ??オプションは正直この時ばかりは邪魔です。

椅子 ちなみにバイク整備用に余った材料で作業用の椅子も作りました♪たいしたものではないのですが一応記念に。
情報
メニュー
日曜大工DIYカテゴリトップへ戻る