自作・DIY総合研究所トップへ戻ります

一段目の棚板完成

自作・DIY総合研究所ホーム日曜大工DIY>1段目棚板の完成

底板に側板・キャストを付けて完成

底板の加工が完了したら次に側板を取り付けて1段目の棚板を作って仕上げていきます。ここで使用するビスや工具は持っていなくても十分作業ができますが、作業を円滑に進めるためには持っていたい物です。特にビスに限っては必ずここで紹介しているのものを使いたいです。

側板の取り付け

側板を底板の大きさに合わせてカットし、木工用ボンドを併用して取り付けていきます。

側板フィニッシュ取り付け

エアー工具のフィニッシュ等があるればこのように先に仮止めしておくと作業しやすいです。この時、フィニッシュの釘が横から飛び出やすいので注意します。

側板ビス止め

フレキスリムビスで側板を裏側から留めていきます。フィニッシュ等で仮止めをしていない場合、ビスを取り付ける際に側板の材料がずれやすいので慎重に作業を進めます。

 

フレキビス

フレキビスとは…

ビスには頭があります。フレキビスはこの頭の部分に小さな羽根状のものが付いていて、これが材料を掘りながら(ドリルの役目を果たす)ビス頭がめり込む仕組みになっていて材料の割れも防ぐメリットがあります。
通常のビスはこの羽根が無いのでビス頭が材料にめり込む際に材料が割れたり、頭が材料に潜り込まない(材料表面が硬いもの:コンパネなど)などの障害があります。

ただし、フレキビスは簡単に材料にめり込む性質があるために、通常のビスに比べて材料同士を接合する際の締め付ける側(ビスを打ち込んだ側の材料)の押さえつける力が弱く、締め付け力が劣るのがデメリットです。

側板釘打ち

縦、横の側板をスクリュー釘で止めます。これはフレキビスで止めても良いのですが、なんとなく釘を使いたかったので釘止めしました。非常になんとなくです。ただ、通常の釘だと抜けやすく保持力が弱いのでスクリュー釘を使用しました。(特に相手の材料が木口側だと効きにくい)

側板取り付け完了 これでキャビネット一段目の棚板が完成しました。
底板貫通対策

棚板を裏返すとほぞ穴あすっぽり開いています。これは柱の大きさと同じ大きさでほぞ穴を掘ってあるために柱が抜け落ちる可能性があります。

そこで底板あて材(150角で用意した材料)を四隅に貼り付けます。ここではただの角だと色気がないので三角に加工しています。

キャスト取り付け

底板あてを取り付けてキャストを取り付けて裏側も完成です。

情報
メニュー
日曜大工DIYカテゴリトップへ戻る